ロニタブ

ロニタブ

ロニタブは、インタスファーマ社がつくるAGA治療薬「ミノタブ」のジェネリック医薬品です。 ミノキシジル成分の経口医薬品です。

ミノキシジルが、血管を拡張し、頭皮の血流が良くなることによって、毛髪へ栄養を送りやすくします。 この血管拡張作用により、ロニタブは発毛育毛効果を発揮してくれます。 経口タイプのミノキシジルであるため、塗布タイプの外用薬ミノキシジルよりも発毛・育毛効果が高いとされています。

ロニタブの服用方法

ロニタブは、1日1錠を、水かぬるま湯で服用します。 基本的に成人の発毛・育毛に際しては1日2.5mg~5mgとしています。 5mgと10mgがありますが、はじめは5mgからの服用をおすすめします。5mgで効果が薄いと感じたら、10mgに切り替えましょう。

配合率が高くなればその分効果は出やすくなりますが、その分副作用が大きく出てしまう場合があるため、体調体質をみながら調節してください。

高齢者の場合、服用は2.5mgから始めるのが好ましいとされています。

ロニタブの副作用

ロニタブの副作用として、浮腫や体重増加、動悸や多毛症などが報告されています。 多くの副作用は概ね軽微ですが、症状が続く際には医師や医療関係者の支持を仰ぎましょう。 また、18歳以下の使用も安全が確立されていないため、禁止されています。

降圧剤を含めた他の医薬品を処方されている人も、服用に際しては医師の支持に従いましょう。

ロニタブには血管拡張作用があるため、血圧を下げる副作用があります。 健康な人が服用すると低血圧になることがあります。 その他、狭心症や反射性頻脈などを併発させる可能性もあるので、可能であれば交感神経抑制剤も一緒に服用しましょう。 特に心筋梗塞の経験がある人は、心臓付近の血管も拡張して血圧が変化することで再発してしまう恐れもあるので注意が必要です。

ロニタブの口コミ

二度目のロニタブです。

使用し始めてから何ヶ月も経っていませんが、妻から毛が太くなってきたようなことを言われるようになりました。
毎日見ているせいかわたし自身あまり実感はないのですが、自分以外に言われると自信につながります。

手遅れになる前に使い始めて良かったと思います。

先月何気なく計ったら上が158、下が103でした。
脳梗塞や心筋梗塞なんか無縁と思ってましたけどウカウカしてられません。

そもそも薄毛の薬をさがしていましたが高血圧にも効くということで迷わず選びました。

頭頂部や生え際にも効果があるていうことで期待してますよ!

リアップX5を使っていましたが、毎朝毎朝鏡に向かって液剤を頭に振りかけている姿に情けなさを感じ、 飲む育毛剤にチャレンジを決めました。

同じミノキシジル成分ですし、精神衛生上、こっちの方が断然いいです(笑)

なんと表現したらよいのか適切な言葉が思い当たりませんが血流が良くなるのは間違いありません

この血の流れが頭皮にも行き渡って育毛を促進してくれるんだろうと素人ながら納得しています

ついでに肩こりも解消されました

うちのおやじはツルッパゲ。おじいちゃんもツルッパゲ。
俺はというと薄ら禿げ。

この負の連鎖をここで断ち切るべくロニタブに全てを賭けるつもりで一生懸命毎日服用しています。

効果の方はぼちぼちという感じで、セミ薄ら禿げにランクアップしました。

このページの先頭へ